スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サアラさんのローマ旅行 【ホテルの部屋撮り編】

ローマ旅行の夜は、次の日の準備とサアラさん撮影会で、ほとんど寝てません (>_<)


rome20150224007.jpg
ここが泊まったテルミニ駅近くのホテルです。
HIS御用達のようで宿泊客は日本人が多いです。



rome20150224009.jpg
お部屋です。
サアラさんがお出迎えしてくれるなら、どんな部屋でもかまいませんね (*^-^*)



rome20150224013.jpg
ホテルの部屋での撮影は楽しいですね !(^^)!


rome20150224135.jpg
次の日がヴァチカン美術館の見学だったので、肌が露出しない服に着替えました。
久しぶりのSummer Melodyオリジナルコスだったので徹夜で撮影してました。



SAHRA20150228003.jpg
ドールショウで買ったお気に入りのワンピースです。
サアラさんの清純さが引き立ちます (*^-^*)



rome20150224020.jpg
ピュアニーモアドバンスの美脚は絶品ですね (^^)v


SAHRA20150228001.jpg
ひめのんから昔の制服(スカートは別)を借りてきました。


rome20150224014.jpg
マヤちゃんも連れてきましたが、ほとんど留守番でごめんなさい (^^;
素体はネコニーモなので自然なポーズができます。




編集後記

rome20150224400.jpg
この撮影が終了したのは深夜1時。
このあと事件が...(>_<)

ご覧いただき、ありがとうございました。
今回の旅行はサアラさんの撮影が目的なので自由時間の多いツアーを選びました。
ホテルにチェックインしてから4時間後(深夜1時)、夜景撮影のために外出したら怪しい二人組の黒人に絡まれて財布を盗まれるという洗礼がありました。でも、ローマは魅力的ですてきな街でした。また行きたいです。
一眼レフのレンズはEF16-35mm F2.8L、EF24-105mm F4L IS、EF50mm F2.5の3本持って行きました。ローマ市内は建物が大きいので広角ズームが必要だろうと思いましたが、標準ズームで十分でした。むしろ、日蔭が多く手ブレ補正機能の方が必要でした。ちなみに望遠レンズは不要ですね。(個人の感想です)
期間:2015/2/24~3/1
場所:イタリア・ローマ


スポンサーサイト

テーマ : ドール - ジャンル : 趣味・実用

サアラさんのローマ旅行【ヴァチカン美術館編】

このブログはヴァチカン美術館を紹介するものではありません。
ヴァチカン美術館で撮影したサアラさんを紹介するものです (^^ゞ



rome20150224140.jpg
ヴァチカン美術館の入場口です。
予約時間より30分以上早く着きましたが、問題なく入場できました。
ネット予約は英語が苦手でもブラウザの翻訳機能を使えば迷わないので、個人で見学される方は必須ですよ。



rome20150224145.jpg
セキュリティチェック、チケットチェックが終わるとエスカレーターで2階に上がります。
そこに「ピーニャの中庭」が見える屋上があったので、早速記念撮影。
ヴァチカン美術館にはシスティーナ礼拝堂もあるので、サアラさんも肌が露出しない服に着替えました。久しぶりのSummer Melodyオリジナルコスです。



rome20150224155.jpg
ピーニャの中庭です。
後ろのオブジェが直径4mの「球のある球体」です。
学生っぽい人たちが、めっちゃこっちを見ています。
そりゃそうだろうけどね (^^;



rome20150224160a.jpg
ヴァチカン美術館内カフェ近くのスクエア・ガーデンです。
とってもきれいな青空を活かすために日中シンクロ調光補正+2で撮影。



rome20150224170.jpg
ヴァチカン美術館の名所、らせん階段です。


rome20150224165.jpg
現代宗教美術コレクションにシャガールの作品がありました。システィーナ礼拝堂へのショートカットルートを選択すると見られません。


rome20150224158.jpg
私が勝手に選んだミス・ヴァチカン美術館です。
魅力的な美人さんでしょ(*^-^*)




編集後記

rome20150224180.jpg
後ろの建物はサン・ピエトロ大聖堂です。

ご覧いただき、ありがとうございました。
団体さんにつられてショートカットルートを選択してしまったため、2周しました。
結局6時間ほど美術館の中にいました。
個人で見学する場合はオーディオガイドを借りた方が良いです。でも、ヘッドホンは添付していないので、ヘッドホンを持って行った方がいいですよ。
期間:2015/2/24~3/1
場所:イタリア・ローマ


テーマ : 海外旅行 - ジャンル : 旅行

サアラさんのローマ旅行 【ローマの休日編】

約1年前に『ローマの休日』で、アン王女(オードリー・ヘプバーン)がスペイン階段でジェラードを食べているシーンを思い出し、あの場所でサアラさんを撮りたい衝動にかられ、やっとイタリアのローマに行くことができました。

『ローマの休日』のストーリー順にロケ地を紹介します。
ネタバレもありますので映画を見てからご覧ください。


※ ローマの休日(1953年製作)はパブリックドメインらしいので画像を貼りましたが、問題ありましたら削除しますので連絡ください。


(1) サン・ピエトロ広場


タイトルバックはサン・ピエトロ大聖堂のクーポラから撮った広場の風景です。


rome20150224201.jpg
後ろに見えるのがサン・ピエトロ大聖堂です。
神聖な場所なのでサアラさんも肌が露出しない服に着替えました。久しぶりのSummer Melodyコスですが、Nostalgic Story Collectionのゴスロリの方が良かったのかな ('◇')ゞ
大聖堂に入ろうと思いましたが、300mくらいの長蛇の列であきらめました。



rome20150224202.jpg
サン・ピエトロ広場の塔を囲む石に座って撮影。
後ろで日本人観光客(たぶん女子大生グループ)が「あっ!リカちゃんだー」と話している声が聞こえる (^^;




(2) バルベリーニ宮殿

rome20150224220.jpg
アン王女が滞在していたローマ駐在大使館となったバルベリーニ宮殿(現国立絵画館)です。
アン王女は夜中に出入り業者の三輪自動車の荷台に隠れて大使館を脱走しました。



rome20150224221.jpg
ゆるいロケ地巡りなので、バルベリーニ宮殿に寄るつもりはなかったのですが、スペイン階段に向かう途中、見覚えのある門柱を発見したときには感動しました !(^^)!



(3) 共和国広場

rome20150224230.jpg
アン王女が隠れて乗った三輪自動車から降りた場所が共和国広場です。
大使館からの移動距離は700m。



rome20150224232.jpg
この広場を右へ行くとテルミニ駅です。
ここ辺りからテルミニ駅に向かって怪しい人が増えますので、地下鉄の終電以降は出歩かないことですね (-_-メ)




(4) フォロ・ロマーノ(セヴェルスの凱旋門)

rome20150224240.jpg
アン王女は大使館を脱走する前に打った注射(睡眠導入剤)が効いて、セヴェルスの凱旋門前のベンチで寝てました。
映画ではタクシーが手前の道を走ってきましたが、現在、この道路はありません ( ゚Д゚)



rome20150224241.jpg
新聞記者のジョー・ブラッドレー(グレゴリー・ペック)が、王女と気づかずにアン王女と出会います。
共和国広場からの移動距離は1.6km。



rome20150224242.jpg
前の画像で寝ているアン王女の顔の後ろの凱旋門に四角い黒い穴が2つありますが、現在の凱旋門で同じ穴は6mくらい高い位置にあります。
さすがに62年も経つとローマでも風景が変わる場所があるのですね。



rome20150224243.jpg
先を歩いていた観光客がゲートを通って行くので順路だと思ったら出口でした。
でも、人が少ない見晴らしのいい場所があったので記念撮影することができました。
この後、入場口に行き再入場させてもらいしました。



rome20150224244.jpg
左側の柱がサトゥルヌスの神殿で、日本のガイドブックによると、この辺りが記念撮影ポイントらしいのですが微妙ですね。
と思いながらガイドブックの写真と見比べたら、ガイドブックはフォロ・ロマーノの外の道路から撮影してるじゃないですか!ハメられた感(大)



rome20150224245.jpg
パラティーノの丘からの景色です。ここはローマ絶景ポイントのひとつだそうです。
後で紹介しますが中央左奥の白い建物がヴィットリオ・エマヌエーレ2世記念堂です。
日本の高層ビルの方が大きいのかもしれないけど、こっちの方が迫力ありますね (◎_◎;)




(5) トレヴィの泉

rome20150224250.jpg
アン王女はトレヴィの泉の横の美容院でショートカットに。
美人さんはどんな髪型をしても「とてもお似合いです」



rome20150224251.jpg
一方ジョーは、美容院にいるアン王女の写真を撮るために、トレヴィの泉にいた女児から無理やりカメラを借りようとするが失敗します。


rome20150224252.jpg
Webカメラなど、事前の下調べで修復中なのはわかっていたけど、これじゃ撮影のしようがないですね (T_T)



(6) スペイン階段

rome20150224260.jpg
『ローマの休日』と言えば、このスペイン階段ですよね。
ジェラードを食べているアン王女に偶然を装いながら、近づいて来るジョー。
それにしても、オードリーのウエスト細いなー(*´Д`)



rome20150224261.jpg
アン王女は再開したジョーと一緒に「1日中 好きな事をする」という願いをかなえることになります。
ところで、アン王女のスカートの色って何色なのか知っていますか?
赤や水色に着色されたポスターを見かけますが、本当はちょっと濃いベージュのようです。
詳しいことはググってみてください。



rome20150224264b.jpg
早朝から観光ツアーはしないだろうと考えて、朝7時に来てみたら、ほとんど人がいませんでした。
誰も映り込まない写真が撮ることができました (^^)v
そして、ここがアン王女が座った場所です。
前の画像と比較すると右側の部分が修復されていますね。



rome20150224265.jpg
ツアー申し込み後に、トリニタ・デイ・モンティ教会の修復が始まったことを知りショックでしたが、中途半端に足場が見えるより、完全に見えない方がいいかも。
それにしてもFIATの広告は大き過ぎです。



rome20150224266.jpg
日中のスペイン広場から階段に向かっての撮影です。
観光客で階段が見えません。



rome20150224267.jpg
サアラさんにシャネルを買ってあげる甲斐性がないのでお店の前で記念撮影 (T_T)



(7) パンテオン

rome20150224270.jpg
アン王女の好きな事の最初はカフェに座ること。
ジョーはパンテオン横のカフェに連れて来ました。
ここでカメラマンのアービングと合流します。
画像の馬車は観光客向けの馬車のようで、今でもあります。



rome20150224271.jpg
パンテオン前のロトンダ広場の噴水に座って撮影。
光の強さもちょうど良くてお気に入りの写真です。




(8) マルケルス劇場

rome20150224280.jpg
ベスパに二人乗りして市内観光、マルケルス劇場を通り過ぎます。
ベスパは1951年式Vespa125で、アン王女は横乗りしてます。なんでもアリの時代ですね。



rome20150224281.jpg
移動中のバスでツアーガイドさんが、ローマの中でも古い紀元前の建築物と説明していたので撮影しました。
この劇場を参考にしてコロッセオが建てられたのことです。
詳しくはウィキを見てください。




(9) コロッセオ

rome20150224290.jpg
コロッセオに向かいます。


rome20150224291.jpg
夜は治安が心配なので警察官の近くでフラッシュ2灯撮影。


rome20150224292.jpg
あれれ、19時20分頃から警察官が帰って行くよー。
オオカミの群れに放された子羊の気分です。



rome20150224293.jpg
観光客がほとんどいない凱旋門側に移動して撮影。
誰か近づいて来ないか何度も後ろを振り返っていました。
サアラさんのいる夜景を撮りたかったので頑張りました。



rome20150224300.jpg
みんなでコロッセオを見学。帽子の人はガイドさんかな?
今はオーディオガイドがあるのでガイドさんはいないですね。



rome20150224301.jpg
今では考えられない残酷なことが、当時は娯楽のひとつだったのですね。



(10) ヴィットリオ・エマヌエーレ2世記念堂

rome20150224310.jpg
ベスパで市内観光中、警察官の手信号を無視したために止められた場所です。
この後、アン王女はベスパで暴走し、ジョー、アービングと共に警察署に連れて行かれます。
そして、警察署ではジョーが「結婚で教会に急いでいた」とウソをついて釈放されます。



rome20150224311.jpg
大きな建物だなぁと思いながらサアラさんを撮影しました。
iPhoneのカメラなので絞り込めませんでした。




(11) 真実の口

rome20150224315.jpg
アン王女は警察署でウソをついたので、ジョーが真実の口に手を入れるのを心配しています。
そして、アン王女は絶対に手を入れないぞ!って感じですね。
ウィキによるとジョーの手がなくなる演技はアドリブだったらしいです。



rome20150224316.jpg
タイミング良く、あまり並ばずに記念撮影できました。
この場所でサアラさんを撮るのは不可能です。




(12) サンタンジェロ城

rome20150224320.jpg
美容師に誘われたサンタンジェロの船上ダンスパーティです。


rome20150224330.jpg
アン王女を捜しに来た本国の情報部員から逃れるために、アン王女はギターで情報部員の頭を殴ってます。


rome20150224332.jpg
ずっとホテルの部屋でお留守番していたマヤちゃんも一緒に記念撮影です。
右側がサンタンジェロ城で、マヤちゃんの肩あたりに見えるのがサン・ピエトロ大聖堂です。




(13) コロンナ宮殿

rome20150224340.jpg
記者会見でアン王女は、ジョーとアービングが新聞記者であることを知ります。ひと時の恋が終わりました。


rome20150224350.jpg
時間がなくてコロンナ宮殿には行きませんでした。
でも、撮影禁止らしいので結果は同じかな。




編集後記

rome20150224410.jpg
ご覧いただき、ありがとうございました。
このブログの作成に写真整理も含めると5日間もかかってしまいました。その時間のほとんどが、『ローマの休日』の調査でした。
でも、アン王女のスカートの色が濃いベージュだったことやアン王女が寝ていた道路がなくなっていることに知ることができました。
それにしても、昨年から修復ラッシュでトレヴィの泉やスペイン階段のトリニタ・デイ・モンティ教会を見ることができなかったのは残念でした。修復後また行きたいですね。
期間:2015/2/24~3/1
場所:イタリア・ローマ

テーマ : 海外旅行 - ジャンル : 旅行

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。